制御用PCの修理事例(PC/AT機の電源が入らない)

こんにちは、滋賀ビジネスPCの岡本です。
制御用PCの修理のご依頼をいただきました。
かなりカスタマイズされた独自仕様の制御用PCです。
症状としては電源が入らない状態です。

まずは、原因の切り分けを行います。
電源の入り口、つまり電源ユニットをから電源が出力されているか確認します。
確認結果、出力されていないことが発覚しました。
故障原因は電源ユニットいうことになります。

故障原因の核心を突くため、電源ユニットを分解・確認しました。
結果から申し上げますと、コンデンサーが焼損しておりました。
これが故障箇所であり、電源ユニットの故障原因で間違いありません。

レアなAT電源ユニットかつ一部配線がカスタマイズされておりました。
弊社の仕入れ先より電源ユニットを調達し変換ケーブル作成後に交換いたしました。

独自仕様の制御用PCもこのように対応可能です。
お困りごとがございましたら、お問い合わせください!



Follow me!