産業用パソコン PC98-NX FC-24VEのCPUグリスアップの作業例

こんにちは、滋賀ビシネスPCの岡本です。
本日は、産業用パソコン PC98-NX FC-24VEのCPUグリスアップの作業例をご紹介致します。

今回のパソコンはグリスが乾き切っており、ヒートシンク側も劣化しておりました。

CPU側劣化グリス

CPU側劣化グリス


ヒートシンク側劣化グリス

ヒートシンク側劣化グリス


新品のグリスに塗り替えるとともにヒートシンクもメンテナンスを行います。
まずはCPUの洗浄です。上塗りする方もいますが、グリスの本来の性能を発揮できなくなります。
しっかりと専用の液剤で磨き上げます。
CPU洗浄後

CPU洗浄後


次はヒートシンクを磨きます。
ヒートシンク洗浄後

ヒートシンク洗浄後


次に酸化している部分を磨きます。
ヒートシンク錆取り

ヒートシンク錆取り

ここまでが下準備です。パソコンにCPUを戻していきます。
まずはシリコングリスを塗布します。薄く万遍なく塗布するのが鉄則です。

シリコングリス塗布

シリコングリス塗布


次にヒートシンクを装着します。締め付けトルクがバラバラにならないようトルクレンチを使用して装着します。
ヒートシンク取り付け

ヒートシンク取り付け

これでCPUグリスアップ作業は終了です。
CPUグリスアップは必要ないという方がいらっしゃいますが、産業用パソコンは長期の間、過酷な環境で稼働しています。
そのため、家庭用のパソコンと同じメンテナンスでは不十分となりますため、弊社では推奨しております。

Follow me!