産業用パソコン FC-9801U 障害調査

こんにちは、滋賀ビジネスPCの岡本です。
自動車製造業様より動作不良が発生しているFC-9801Uをお預かりしました。
原因不明で停止してしまうということで障害調査にて問題の洗い出しをご依頼いただきました。
まずは目視ににてマザーボード、電源ユニットやドライブにコンデンサ液漏れ、腐食や焼損がないか確認します。

FC-9801U内部

FC-9801U内部


問題なければ、ツールを用いてエージングテストに入ります。
FC-98シリーズの場合、フロッピーディスクよりツールを起動します。
しかし、フロッピードライブにて読み込み不良が発生しており、起動することができませんでした。
FC-98シリーズはDOS/V機器用のフロッピードライブを使用することができず、専用品が必要です。
弊社のテスト機材のフロッピードライブに交換し、テストを行いました。
内臓バッテリの劣化が判明しましたが、そのほか特に問題ありませんでした。
内臓バッテリが劣化してしまうとBIOSの設定が消失してしまい、動作不良が発生することがあります。
また、古い機種なので上記を修理したとしても、他のところで問題が発生してしまう可能性があります。
今後の対応をどうするかはお客様と相談し、進める予定です。



Follow me!