組み立てパソコン AfterEffectのRAMプレビュー時にブルースクリーンが頻発する問題の修理

こんにちは、滋賀ビジネスPCの岡本です。
本日は組み立てパソコン AfterEffectのRAMプレビュー時にブルースクリーンが頻発する問題の修理を行いました。

組み立てPC内部

組み立てPC内部

お客様より、内容をヒアリングするとメモリーに問題がありそうでした。
初期診断でメモリーテストをすると大量のメモリーエラーが発生しており、エラーカウンターも65535でオーバーフローしてしまいました。

メモリーテスト

メモリーテスト


ここまで大量のエラーが出るのはかなり珍しいです。
これで原因がはっきり判明しました。

メモリー交換を実施し、再度メモリーテスト行いエラーが1つも出ないことを確認し、AfterEffectのテストも問題なく完了できました。
産業用パソコンだけではなく、ワークステーションや組み立て・メーカー製パソコンも対応可能です。
お気軽にご連絡ください!



Follow me!